2017-10-10 11:02 | カテゴリ:大会記事
10月7日~9日まで、旭川地区秋季新人大会が行われました。
今回も1位シード・旭川藤女子のブロックとなり、2大会続けての対戦となりました。

1回戦 旭川龍谷 68-90 旭川藤女子

試合立ち上がりで絶対に主導権を握らせない!というテーマで臨みました。が、やはり気おくれというか名前負けというか・・・。ちょっと足が動き始めるのが遅かった。開始から藤の#4、#5、#6にコンスタントに得点され、たまらずタイムアウト。Dfの積極性が出始め徐々に点差を縮める。しかし、リバウンドミスから失点を許し、32-45の13点差で前半を終える。
後半も点差を1ケタにするものの、それで安心してしまうのか、どうしてもイージーミスが出てしまう。最終4Qは藤の#4を完全に覚醒させてしまい、このクォーターだけで3pを4本も決められてしまう。最後の最後で一気に点差を開けられてしまい、68-90で敗戦でした。
終始追いかける展開だったこの試合。楽な時間なんて1秒もありませんでした。しかし、その中でも収穫もありました。
キャプテンを中心に普段の練習同様、常に声が出ていたと思います。あとは声を出すことだけでなく、言葉の「質」です。自分が何をしたいか?周りに何をしてもらいたいか?など連携をはかる言葉の質を高めていきたいと思います。声の連携が不足していたため、相手のスクリーンプレーにもひっかかりました。声で解決できる場面はバスケでは多くあります。そういう部分も追及していかなくてはなりません。
もう一つは、タイムアウト後の修正です。こちら側が請求したタイムアウトで課題点・修正点を話し、コートに戻った後は時間をかけずに修正することができていました。あとは、そこからの修正したことを続ける持久力です。1回2回とできても、また元に戻っては意味がありません。そこも訓練です。
12月の大会は全道新人の予選です。まだまだ逞しくならなくてはいけません。ケガに気を付けながら頑張ります。

最後になりますが、保護者の皆様には温かいご声援、そして差し入れと本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/457-c1f3307b