2017-05-08 17:33 | カテゴリ:練習・練習試合記事
これまでのGWは、明成カップに参加させてもらっていましたが、今年は開催されないということで、札幌も大会中だし、どうしようかな?と考えていたところ、苫小牧地区1位の苫小牧南、小樽地区1位の双葉高校から依頼を受け、3日から5日の3日間にわたって龍谷高校において強化練習試合を行いました。その後も数チームから依頼を受け、高校4チーム、中学2チームで49本(ハーフゲーム)をこなしました。龍谷は計21本の試合(10試合半)を実施して、チームの課題、個人の課題を再確認できました。試合だけではなく、会場校として3日間終日やったのは私自身初で、神田先生に聞いても、現職時に「3日間はやったことはない」と言われてました。ここ10年以上、「お願いします!」と軽くお願いして、「はい了解!」と快く引き受けて下さってた高瀬先生。今回の何倍ものチームが参加していたこれまでの明成カップ。試合割・審判割・To割作成、各校への連絡・調整、会場設営・撤収、そして試合と、実際にやってみると大変ご苦労されていたことが分かりました。改めて高瀬先生に感謝です。
また、選手たちにとっても非常にいい経験になったと思います。プレー以外のことも「目配り・気配り」が求められ、運営側の忙しさも感じてくれたのではないでしょうか。
参加して下さったチーム関係者の方々、どうもありがとうございました。またやりましょう!!



さて、今年度も期待のルーキーが入部しましたので紹介します。
≪コートネーム、出身中学、コース、特徴≫
・ニコ 
緑が丘中出身、キャリアデザイン
縦の1:1が強く、パワフルなバスケットができる。苦しい時でも辛い顔をせずに笑顔でこなせる選手になってもらいたい。

・ミチ
愛宕中出身、キャリアデザイン
簡単に相手ボールにしない堅実なガード。的確な判断力を身に付け、チームを勝利へ導く選手になってもらいたい。

・ココ
緑が丘中出身、キャリアデザイン
彼女の持ち味は何と言ってもコート上での声が武器。ここ!という場面で存在感ある選手になってもらいたい。

・キラ
中富良野中出身、キャリアデザイン
負けん気の強さが身上。心と体の強さを身に付け、ひた向きなプレーでキラリと輝やく選手になってもらいたい。

・ヒュウ
上富良野中出身、特進A
バスケ歴はまだ浅いが、高い身体能力があり飲み込みも早い。何でもボールにび付く気のある選手になってもらいたい。


5名の1年生。まずは強い身体作りです。2・3年生と比べても、体の強さは例年以上の差があります。特に体幹の弱さが気になります。ひと夏超えれば、一回り逞しくなってくることでしょう。1年生は裏方の仕事も多いです。自分のことだけではありません。先程もあげた「目配り・気配り」をコート内外問わず身に付けて欲しいです。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/448-4e025d7d