2016-12-19 10:07 | カテゴリ:大会記事
12月17・18日の2日間、1月に札幌市で開催される全道高校バスケットボール新人大会の旭川地区予選会が開催されました。
結果は下記の通りです。

1回戦:不戦勝
2回戦:旭川龍谷 61-45 旭川商業
準決勝:旭川龍谷 43-74 旭川明成
3位決定:旭川龍谷 84-39 旭川南

結果:旭川地区第3位で全道出場権を獲得

チームの絶対的柱である#4・レイの故障が癒えず、騙し騙しの調整が続き、レイ抜きの練習試合は非常に不安定なものでした。それでも、他の選手がその間踏ん張り、レイも何とかコートに立つことができました。大会に入ってからは、やはり#4レイ、#5ロミに対するマークがきつかったのですが、膝に不安を抱える#11リブがリバウンドとDfで奮闘、#7ネラも今大会はシュート確率もよく、カバーしてくれたのが収穫だったと思います。全体的な試合運びは全然ダメでした。肝心な場面で簡単なミスをしたり、わざわざプレーを難しくしてミスをしたり、練習時の指摘部分が出ていました。まさに準決勝がそうです。
全道に出場できるのは本当に嬉しいことです。ましてや、まだまだ未熟なこの選手たちが、先輩方に負けじと3年連続出場を掴み取ったのですから。でも、少なくても旭川地区の代表として全道に参加です。もっとしっかりとした試合運びをしなければいけません。冬休み中の遠征、会長杯などを通じて、もうひと踏ん張りしたいと思います。

最後になりますが、保護者をはじめ、関係者の方々、連日温かいご声援、過分なる差し入れを頂き、心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/439-e14d84d2