2016-10-24 17:02 | カテゴリ:練習・練習試合記事
今日は龍谷バスケ部を巣立ったOG達が、各方面で頑張ってくれているという話題です。
平成24年度卒のテイク(釧路教育大4年)が、北海道教員採用試験に見事合格したという連絡がありました。稚内から龍谷へ入学したテイク。当時の総合コース(現在のキャリアデザイン)から国公立大学を受験。バスケ引退後もひた向きに勉強を取り組み、そして合格。特進コースの生徒らが受けるレベルの大学を受験し突破したという頑張り屋。夢に向かって、着々と歩んでいます。小学校ということで、どの地域かは決まっていないと思いますが、チャンスがあればミニバスの指導もしてもらえたらなあ、なんて思っています。
そして平成27年度卒のレク(拓殖短大1年)からも朗報が届きました。北海道学生1部リーグの全日程が終了し、チームは第3位と健闘しました。また、各チーム優秀な選手がいる中で、今シーズンの「得点王」に輝いたそうです。1次リーグが終わった段階のボックススコアを見て、「3ポイントの成功率が上がればなあ・・・」と助言していました。その3ポイントの出来は分かりませんが、学生選抜に選ばれたり、得点王に輝いたり、1年生ながら大したものです。短大なので次はチームを引っ張る立場になります。北海道の学生バスケ界も引っ張って欲しいです。

先日、私自身も母校バスケ部の創部50周年式典にOBとして参加してきました。私は26期にあたり、丁度真ん中くらいの年代でした。全日本やJBLで活躍された往年の名プレーヤーも出席。また、現在指導者をしているOBも多数おり、先輩・同期・後輩も含めると、ミニ・中学・高校・大学・実業団という全カテゴリーにおいてOBが指導していることも知りました。コーチング談議に花が咲いていたところ、突然、恩師が我々のテーブルに登場。0.5秒で高校時代に戻ります。全員起立で直立不動。ありがたいお話をして頂きました。
「元気のない選手と走ることを覚えない選手は時間がかかる。元気のいい選手と走ることに意欲を持つ選手は伸びる」
他にも個人的に色々なアドバイスをもらいましたが、内緒にしておきます。パワーももらえたし、本当に楽しいひと時でした。

チームの近況は、今週から2学年見学旅行のため、1年生6名だけの練習になります。1年生には身に付けて欲しいことが山ほどあります。今年は引率がないので、たっぷりと鍛えたいと思います。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/436-56659630