2016-02-22 15:10 | カテゴリ:練習・練習試合記事
今週末の土日に、札幌創成高校でエンデバー北海道ブロック合宿があり、本校からは道北ブロックで選出されたアグが選手として、私も同じく道北ブロックコーチとして参加してきました。昨年の内海HCに続いて、今年もオリンピック出場権を勝ち取った全日本コーチである梅嵜先生を迎えての合宿でした。数十ページにもなるプログラムを、たった2日間で行うため、梅嵜先生も大変だったと思います。
テーマは「Pick Play」で、スクリーンを利用した攻撃とその防御方法が細かく伝達されました。龍谷ではカッティングプレーを主にやっていたため、参加したアグも困惑していたようですが、徐々に理解を深め、最後はガードとして堂々プレーしていました。「動きを止めずにボールをもらう」「ミートをする」「シュートを狙いながら」など、世界で戦うJAPANの選手でも、このようなことを普段から言われているのが確認できました。それと声による「連携」。意識することは、地区レベルも世界レベルも共通です。全道大会の反省も踏まえ、道北ブロックへの伝達をしつつ、今後チームに還元していきたいと思います。
今回のスタッフ、関係者の方々、大変お世話になり、ありがとうございました。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/420-4c280d43