2015-09-19 18:50 | カテゴリ:大会記事
今日からウィンターカップ(WC)の旭川地区予選が始まりました。この大会は、全国まで繋がる大会で、3年生が出場できる最後の大会でもあります。旭川実業高校を会場に、全道出場を賭けての熱戦が始まりました。

1回戦:旭川龍谷 105-50 旭川西
初戦特有の硬さからか、試合が開始して絶好のシュートチャンスを作るものの、3p・2p・Ft合わせて11本を落とす。#4・アグのシュートがようやく決まり、着々と加点していく。1Q終えて29-6と主導権を握る。2Qも点数は取るものの、ターンオーバーが減らない。前半終えて56-19。
後半に入っても得点のペースは落ちなかったものの、最終4Q、旭川西の#7を中心に逆襲を喰らう。この4Qだけのスコアは20-24と負けている。代わってコートに出た選手も奮起してもらいたい。
旭川西は5人ぎりぎりでの試合。でも、その5人が最後まで諦めずにプレーしていました。昔の龍谷を思い出しました。
#4・アグ(29p、9r)、#7・ネオ(28p、14r)、#10・レイと#14・モブ(共に11r)、#13・セナ(12p、9r)

2回戦:旭川龍谷 90-49 旭川北(第2シード)
4月の春季大会以来の対戦。旭川北は完全に1・2年生で、大幅にメンバーが代わっている。
開始直後から、低確率のシュートだが、オフェンスリバウンドをもぎ取り、得点することに成功。また、速攻も出始めリードを広げる。が、さすが鍛えられている北高。一気に点差を離したいが、それをさせてくれない。それでも、1試合目は絶不調だった#16・レクが要所を締め、49-15で前半を終える。3Qは#16・レクを下げ、新人チーム同士で戦わせました。途中、相手のディフェンスの変化などに対応が遅れ、やはり未熟さがはっきりと表れていました。この3Qだけのスコアは15-19。またしても気が抜ける10分間が出てしまいました。最終的に90-49で準決勝に駒を進めることができましたが、ミスが多すぎです。
#4・アグ(28p、9r)、#7・ネオ(10p、17r)、#13・セナ(20p)、#14・モブ(13r)、#16・レク(24p、16r)

第3位シードの旭川明成が旭川実業に敗れ、明日の準決勝は藤女子vs実業、商業vs龍谷というカードになりました。
まずは全道を賭けた商業戦。やられたらやり返す!夏のリベンジだ!!といきたいところですが・・・。シュート力もあり、走ります。やってみなければ分かりません。また明日も一つ一つ頑張るつもりです。




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/399-90f231ec