2014-12-13 20:55 | カテゴリ:大会記事
今日から全道新人大会の旭川地区予選会が始まりました。

1回戦 旭川龍谷 77-24 旭川東
開始からディフェンスの動きが悪く、簡単にシュートチャンスを作られてしまうものの、そのシュートが決まらず助けられる。その内に#5レクのシュートを軸に加点。1Q終えて22-1と大きくリード。3Qも失点を0に抑え、選手全員得点で準々決勝へ駒を進める。

2回戦 旭川龍谷 85-39 旭川商業
1回戦とは違い、試合の入りは完璧だった。相手が得意とする攻めパターンの対応を、ほぼ練習通り実行。攻めてはレクが止まって打つ・破って打つの判断をしっかりとして着々と加点。そんな場面を他のメンバー(ナノ・ビオ・ヨリ・セナ)が作り出していたことは見ていて感心した。1Q終わって22-2と大きくリード。正直予想外だった。2Qで一瞬バタバタとしてタイムアウトを取るものの、すぐにガード陣を中心に修正。後半、相手にゾーンで守られ、課題はあったが要所でシュートをしっかりと決め、得点は各クォーターともにコンスタントに決めることができた。しかし、分かっていながら相手が得意の3ポイントを45本も打たれ、9本も決められている所が甘い部分。2ポイントの成功率は13%に抑えることができたので幸いだった。

この前失った地区のシード権を取り返し、そして全道への挑戦権をしっかりと選手達は掴んでくれました。
いよいよ明日2試合が勝負です。まずは準決勝、1位シードの旭川北と対戦します。
あちこち痛いかもしれないけど、また明日もやってくれる事を信じて・・・




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/373-22ff0dfe