2014-08-26 13:39 | カテゴリ:練習・練習試合記事
夏休み中の明成カップ以降、試合からは遠ざかっていましたが、23・24日に久しぶりに練習試合を実施しました。土曜日は旭川西、日曜日は旭川明成と札幌の社会人チーム・Dreamに相手をして頂きました。土曜日の旭川西戦はオフェンス、ディフェンス、リバウンドの3拍子揃って足が身体が動かず、点差は開いたものの内容は悪いものでした。「久しぶりのゲームだから・・・」と100歩譲ったとしても、決していい状態ではありませんでした。日曜日の旭川明成とDreamとの試合は、前日よりは少し足が動いていました。明成もDreamも試合巧者であるので、この日は目的をディフェンス重視にして試合をしました。どの試合も得点は何とかなるものの、ディフェンスが甘く簡単に失点してしまう。社会人の巧さで決められる場面も多々ありましたが、不注意によるミスもありました。ディフェンスにおけるミスは全てと言っていいほど得点され、勝負の難しさ厳しさを教えてもらうことができたと思います。また、龍谷・明成を次々と相手するDream。年齢が30代?の選手もいたと思われますが、ヘトヘトになりながらも、とにかく声を出して頑張るチーム。大人が高校生のようにひた向きにバスケをしているような感じ。プレーやコート内外における連携も常にとっており、こういう部分も高校生にとっては勉強になったはずです。本当に良きお手本でした。また機会があれば是非試合をして頂きたいです。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://ryukokubasket.blog81.fc2.com/tb.php/361-c2966b9b