FC2ブログ
2018-09-05 16:33 | カテゴリ:大会記事
選手権旭川地区予選会(ウィンターカップ)の組合せが決まりましたので、お知らせします。

会場:旭川実業高校体育館
9月15日(土)
1回戦 12:00~ Aコート  vs富良野
2回戦 15:30~ Aコート  vs明成

9月16日(日)
決勝リーグ① 12:00~ Bコート

9月17日(月)  *前日の勝敗によってコートが決まります。
決勝リーグ② 9:00~
決勝リーグ③ 12:00~

この大会は「選手権」という冠が付き、現在は高校最高峰の大会とされています。
今年から旭川地区は決勝リーグ制となり、上位2チームは11月に釧路市で開催される全道に出場します。
1回戦・富良野高校との戦いから始まります。少しケガ・故障者が出ていますが、チーム一丸となって頑張ります。
2018-07-23 13:52 | カテゴリ:大会記事
7月21・22日の2日間、旭川永嶺高校を会場に上記大会が開催されました。

1回戦   旭川龍谷 82-56 旭川商業
準決勝   旭川龍谷 51-72 旭川藤女子
3位決定戦 旭川龍谷 81-87 旭川南
結果:第4位  ベスト5賞 #4・キラ(2年)


以上の結果となりました。
1回戦・旭川商業戦、新チーム初の公式戦のためなのか、なかなかエンジンがかからず硬い立ち上がり。選手交代で打開策を講じるもテンポが変わらず。9点のビハインドで前半終了。後半、再度スタメンに戻し、ここからリズムを掴む。すぐに追いつき、逆転に成功。1回戦勝利して準決勝へ駒を進める。

準決勝・旭川藤女子戦、お互いに点数を決めきれない時間があり、離されかけても何とか付いていくことができていたが、途中でリバウンドミスからの失点をきっかけに、ジワジワと点差を開けられていく。一度は連続得点で圏内に縮めたが、龍谷のターンオーバーから着実に得点され敗退。

3位決定戦・旭川南戦、序盤から龍谷はイージーミスが続き、逆に南の#4、#5を軸にしっかりと得点を決められ苦しい展開に。龍谷は#9・ニナを中心にシュートを決めるも、簡単に主導権を握らせてもらえない。ファールトラブルなどで選手交代を余儀なくされ、点差も開きかける。しかし、ここから今大会ベンチスタートだった2年生が奮起する。弱気な攻めで叱られて続けてきた#5・ニコ、#7・ミチが果敢に攻めて得点を重ね、チーム一の声出し屋の#8・ココがコート上でも周囲を励ます声を出しながらシュートを決める。この2年生の躍動により決まりかけていた試合が僅差になる。しかし最後は龍谷が決めきれず、南はしっかりと決めて6点差となったところでタイムアップ。勝てそうで勝たせてもらえなかった試合でした。
3試合通じて課題はたくさんありますが、収穫となったこともあります。プラスの部分は伸ばし、マイナスの部分は消去していく練習、そしてそれぞれを確認する練習試合を取り組むスケジュールの夏休みに入ります。暑い夏休みを乗り越えて、ひと回り大きく逞しくなりたいと思います。


保護者の皆様には猛暑の中、温かいご声援やたくさんの差し入れなど、本当にありがとうございました。
3年生部員もスカウティングや後輩への声かけ、アドバイスなどありがとう。助かりました。

天国の小野寺前校長先生、暑い体育館で男女バスケ部員がともに頑張り、男女アベックで賞状をもらってきましたよ!きっと子ども達の頑張りを会場のどこかでニコニコしながら見ていてくれたんでしょうね・・・。次も頑張ります!合掌





2018-07-12 10:48 | カテゴリ:大会記事
今年で26回目となる「キシイカップ選抜高校新人大会」の組合せが決まりました。

7月21日(土) 会場:(両日とも)旭川永嶺高校
1回戦 vs旭川商業(第4シード)
     9:00~ Bコート
準決勝 vs藤女子・旭川北の勝者
    15:00~ Aコート

7月22日(日)
(1回戦敗退の場合)
敗者戦  vs藤女子・旭川北の敗者
    10:30~ Aコート
(1回戦勝利の場合)
決勝または3位決定戦
    13:30~ 決勝:Aコート、3決:Bコート

*1回戦の結果で2日目の試合予定が決まります。

(株)キシイさん主催の大会。シード4チームと選抜された4チームで競い合う新人チーム最初の大会。高体連で上位入賞できずノーシードですが、今年も出場させて頂けることに感謝です。
新チームはキャプテン・キラを中心に、「We Are No.1!」を合言葉にコツコツ走りを続けています。
暑いコート上で、天国の校長先生に届くような熱い戦いをしたいです。
応援宜しくお願いします。
2018-05-25 10:16 | カテゴリ:大会記事
5月22日~24日、旭川市総合体育館をメイン会場で、平成30年度 全国高校総合体育大会バスケットボール旭川支部予選会が開催されました。前回のご案内通り、1回戦は2位シードの旭川南と対戦しました。

1回戦 旭川龍谷 77-87 旭川南
(旭川南は全道出場が決まっているため、大まかな展開のみ書きますので、ご了承下さい)
絶対的エース#4を擁する南に対して、龍谷は何種類かのDfを用意。Ofは速い展開と24秒使い切るじっくりとした展開で緩急をつけることをゲームプランとして臨んだ試合。
リバウンドを支配すると同時に、ここ数か月間確率の悪かったシュートも入り一歩先行状態で試合が進む。追い付かれても徐々に引き離す意地を見せる。
魔の3Q。突如、龍谷は足が止まる。Ofではターンオーバーが続き、Dfでもリカバリーが出来ずリバウンドミスも出始め、一気にひっくり返される。Dfの変化、選手交代で凌ごうとするも変わらず、タイムアウト。前半とは反対に、点差を縮めても徐々に開けられる。さすがシード校であった。4Qに入り、みんなが攻め気を取り戻し、コートに立つ5人が果敢に攻める。最後は#5プリのシュートが終了ブザーと同時に決まるも77-87の10点差で敗戦。
良い時は抑え、悪い時は耐える。前半、得点に結び付く結果が出ていたので「いけいけ!」になっていた部分。じっくりとした展開がプランにあったが、ボールマンひとりに任せきりとなっていた部分。足が止まっていた時間に、Dfから足を動かせば修正できるという今年のチームの特性を勝負所で思い出せてやれなかった部分。悔しい思いでいっぱいです。
5人の3年生は、一人ひとりが出来ることをしっかりと出して貢献してくれました。チームを支えたその底力に敬意と感謝しかありません。

最後になりますが、先日の懇親会に続き、温かいご声援とさくさんの差し入れを下さった保護者の皆様、校長先生はじめ多くの学校関係者の皆様、道北バスの笹谷さん、舟根さん、大勢のOG諸君、応援ありがとうございました。心から感謝を申し上げます。

2018-05-02 11:30 | カテゴリ:大会記事
4月22・28・29日に平成30年度旭川地区春季大会が行われました。
1回戦 旭川龍谷 90-67 富良野
2回戦 旭川龍谷 57-72 旭川北


結果はご覧の通りでベスト4進出を逃してしまいました。
「足の鋭さ」を欠き、それによっていい形でのシュートを作れず・決めれず、そして勝負所で守れずという内容でした。
決して怪我人などが多かった訳ではありません。選手は全力でプレーしていました。ベンチにいる選手も声を張り上げて集中していました。
本来の力を出せないまま終わった今大会。力を発揮させれなかったのは私の責任です。
次は高体連支部。今年はノーシードとなりますが、1位から4位のブロック、どこに入っても戦うんだ!という自覚をさらに強めて準備に取り掛かります。

最後になりますが、保護者の皆様をはじめ、校長先生、守衛の戸嶋さん、道北バスの笹谷さん、温かいご声援や差し入れ、本当にありがとうござした。
また、連日駆け付けてくれたOG諸君も、本当にありがとう。またしぶとく頑張るからね!